鉄と血と死のにおいをはらんだ風を嗅げ!

電撃オンラインをご覧の皆様、こんにちは. 『電撃ホビーマガジン』(アスキー・メディアワークス刊)編集部いちの鉄騎乗り・川口であります. 7月25日に発売された『電撃ホビーマガジン 9月号』の第3特集にてXbox 360用ソフト『重鉄騎』に登場する”アメリカ軍中型鉄騎 M7スウィフト”の作例を掲載しているので、今回はその紹介をさせていただこうかとッ! とはいえ、『重鉄騎』は6月21日に発売されたばかり. プラモデルは当然、レジンキットも何もありませんので、完全にゼロからの製作です. いわゆるフルスクラッチビルドというものですね. では早速ご覧ください! 前方と後方を撮影したもの. ゲーム内に登場するものよりも、かなり立体用にアレンジしているのですが、それをまったく感じさせないデキになっているかと. こちらがゲームのCG. せっかくですので、見比べてみてくださいね. 基本的には、プラスチックの板を積み重ねて形を出していくという実に益荒男(ますらお)な製作法をとっております. さすがにハッチやライトなど”1から作って精度を出すのが大変なもの”は既存のプラモデルよりパーツを流用しております(写真の緑色の部分). しかし、その他の白い部分はすべて手作り. 製作期間はなんと3カ月以上! ここでは、製作中のM7スウィフトの写真を本誌に先駆けてご紹介いたします. この白い塊がどのような姿になっているのか!? 発売中の『電撃ホビーマガジン 9月号』で確認してみてくださいね! 右側面、正面、後面. 緑色のパーツはタミヤ『M26 パーシング』より流用しています. 腹脂肪は女性のための良い前兆ではありませ 各部ディテールはこんな感じ. 工具箱なども含めて大部分をプラ材で新造しているのがわかっていただけるかと. 流用しているのは一部ディテールのみとなっています. 実行丘実行丘

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s